ミョウバン水 頭皮

頭皮の汗臭さはミョウバン水によるケアが効果的

汗をかいた後そのままにしていると汗臭くなってしまいますが、頭皮は特に汗臭くなりやすい部位の1つです。なぜなら、不快な臭いは皮脂が雑菌に分解されることで発生するので、皮脂が溜まりやすい頭皮は不快な臭いも発生しやすいのです。また、雑菌は汗と皮脂や垢が混ざったものをエサにするので、汗をかいた後そのままにしていると雑菌が増殖し、臭いがどんどん強くなっていきます。

 

頭皮の汗臭さをケアする方法はいくつかありますが、ミョウバン水を頭皮にかけるというのも有効な方法の一つです。なぜなら、ミョウバンには殺菌作用や制汗作用があるので、雑菌の増殖や汗の分泌を抑えることにより、臭いを抑えることができるからです。また、胃や腎臓、肝臓の機能が低下したり、末梢血管の血流が悪くなったりすると汗に含まれるアンモニアが増加し、汗がアンモニア臭くなることがあります。しかし、ミョウバンは水に溶けると酸性になるので、ミョウバン水を使ってケアすればアルカリ性であるアンモニアを中和し、臭いを抑えられるようになります。また、ミョウバンはスーパーや薬局などで100円前後で購入できるので、ミョウバン水によるケアはコストパフォーマンスが高いというメリットもあります。

 

ミョウバン水の作り方は500mlの空のペットボトルの中に水道水500mlとミョウバン15〜20gを入れ、軽く振ったらあとは一晩そのまま置いておくだけです。そして、このミョウバン水の原液を10倍に薄めたものをスプレーボトルに入れ、頭皮全体に吹き付けると不快な臭いを抑えることができます。

 

 

>>ミョウバン水を作って頭皮に振りかけてみた!結果は・・・